会社員がフリーランスになる前にやる手続き

top bottom
サラリーマンからフリーランスへの道〜手続き編〜

これで完璧!フリーランスの手続き一覧

フリーランスになる前にやるべき手続き

事業用の口座を作る

フリーランスとして仕事をした報酬は銀行振込によって受け取ることになります。どの銀行口座でも受け取ることはできますが、個人の口座で受け取ってしまうと個人的な支払いや貯金などと区別ができなくなり、確定申告時に売上のズレがでてしまったりと不都合が生じてしまいます。フリーランスとして仕事を受注する前に仕事用の口座を作っておくようにしましょう。なお、口座は屋号で開設できます。屋号で作っておけば仕事先にも事業用口座であることが伝わり信頼感が上がるでしょう。

事業用の印鑑を作る

銀行口座の開設もそうですが、事業を始めると印鑑を使う機会が少なくありません。クライアントと契約書を交わすこともあるでしょう。そうしたときに事業用の印鑑があると便利です。角印などは屋号で作ることも可能です。銀行印や丸印は氏名でも屋号でもかまいませんが、一般的には氏名で作成することが多いでしょう。

名刺を作る

フリーランスとして事業を始めるとなるとクライアントや得意先と挨拶をする機会が増えます。自己アピールのためにも名刺を作っておくと良いでしょう。通常、名刺には屋号、氏名、職種、住所、電話番号、メールアドレスなどを記載します。なにか公的なルールがあるわけではないので、自由に記載して大丈夫です。デザイナーなどの仕事をする場合は、デザインにも気を配りましょう。名刺は自己紹介を簡単に行えるメリットがあります。ビジネスマンは時間に追われて忙しい人が多いです。長々と自己紹介をするような人は敬遠されてしまいます。自分の情報を簡潔に整理して相手に伝えるためにも名刺というツールを上手に活用しましょう。
名刺を自分で作るなら、ラベル屋さんがおすすめです。無料でダウンロードできるソフトを使って簡単にデザインすることができます。

名刺作成サービスを見る

文房具屋などで売っている用紙に自宅のプリンターで簡単に印刷できます。

ラベル屋さん

また、本格的な名刺をつくるならプロに依頼しましょう。ビスタプリントなら実績のあるプロのスタッフに相談できて便利です。

名刺作成サービスを見る

こだわりのデザインから納得のいく名刺を選ぶことができます。

ビスタプリント

名刺を配りましょう

相手との情報交換は名刺を交換するだけで簡単にできてしまいます。個人で事業をしているフリーランスにとって名刺は大切なツールです。大きな会社に勤めている人であれば、社名をいうだけでどんな仕事をしているのか、どれくらいの立場なのかが想像できますが、名もないフリーランスにとって、短時間で自分をアピールするためには名刺が必要不可欠です。また、日本のビジネスシーンにおいて名刺を持っていないということは誰からも相手にされないでしょう。名刺一枚で済む情報交換をわざわざ口頭で時間をかけて行うようでは取引先から信用してもらうことはできません。相手から仕事ができない人と見られてもおかしくはないのです。フリーランスとして活躍していくなら、サラリーマン時代よりももっと名刺を大切に扱うように気を付けましょう。

フリーランスになりたいならチェック!